空港の求人<通関士>

空港求人TOP >> 職種別の空港の求人 >> 空港の求人<通関士>

空港の求人<通関士>

空港で働く職種の一つに通関士があります。現在、通関士という職種の現状は、関税に関しての規制緩和というものが進められている状況にあるため、この影響から貿易が活発化しており、こういった影響からか通関士の重要が増えているというのが現状です。つまりは、現在のタイミングは空港で通関士として働くためには、絶好のタイミングであるとも言えるのです。通関業はますます需要が高まってくることが予測されていますから、将来性も明るく狙い目の仕事だとも言えるでしょう。

通関士という仕事は、輸入する際に関税というものを徴収すること。そして貿易できない禁制品が輸出されたり、輸入されたりすることを防ぐという役割を担います。また、それぞれの貿易の実態というものを正確にキャッチすることも大事な仕事になってくるのです。空港での通関士の勤務先は、当然に税関ということになります。空港の通関士は、一般的な企業の通関士とは違い、国家公務員になりますから、採用試験を受けてそれに合格をすることが必要になってきます。

空港の税関で働くためには、人事院が行なっている国家公務員採用試験に合格をしていることが前提になります。種類としては、1種、2種、3種と分かれており、1種にかんしては財務省関税局、2種と3種は各税関で採用面接などを受け、これに合格しなければならないわけです。つまり空港の税関で通関士として働くためには、2種もしくは3種の国家公務員資格を有し、目的の空港で面接試験を受けて合格をするというステップを踏む必要があるのです。

基本的に通関士の仕事は年齢制限が設けられていません。学歴なども問われることはなく、誰もが試験を受けることが可能な資格です。空港での業務に従事するためには、国際航空貨物取扱士という関連資格を有していると仕事が広がります。航空貨物の輸送に関わる業務にも従事することが出来ますし、この資格はすべてが英語での出題になりますから、英語力が必須になります。

通関士や通関士関連の資格というものを有していると、空港への転職確率というものは高まります。こういった情報は、個人レベルではなかなかにリサーチすることが難しいものです。ですから、リクルートエージェントなどの転職エージェントを利用して、情報収集をしていきましょう。求人を探すというよりも、取得しておくべき資格試験の有無や、その試験のスケジュールなどの情報を把握することが簡単に出来ることでしょう。

空港のどんな職種も対応!求人サイトの紹介!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国可
空港の求人数 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2018 空港求人探し人気サイトランキング All Rights Reserved.