空港の求人<航空整備士>

空港求人TOP >> 職種別の空港の求人 >> 空港の求人<航空整備士>

空港の求人<航空整備士>

空港で働く人間の最大の目標は搭乗客を安全に目的地の空港まで送り届けるということです。様々なサービスを提供している空港ですが、根本的には、この安全に無事に送り届けるということが最重要視されているのです。この航空機の安全に欠かせない仕事が、航空整備士になります。航空整備士は、その名の通り、飛行機の整備士です。航空機が安全に離着陸、そして飛行が出来るように、機体の点検はもちろん、整備や修理を任される仕事になります。

航空機を構成している部品というのは、何万という数になっており。その全ての部品が正常な状態でない場合には、命に関わる重大な事故を起こしかねないものになります。近年では航空事故を題材にしたテレビ番組が放送されていますよね。そのほとんどが整備のほんの些細なミスから起こっているということが多いのです。つまり、絶対にミスは許されない重大な仕事なのです。

航空整備士になるためには、国家資格の取得が必要です。複雑な仕組みであり、何万という部品から構成されている航空機ですから、専門的な知識とそれに伴う高いスキルというものが必要になってくるからです。航空整備士は、基本的には、空港が直接雇うというものではなく、整備会社への外注という形を取っていることが多いのです。各整備会社にも、国家資格の他に社内資格というものを置いていることが多く、整備士が高いレベルの技術やスキルを身につけられるような体制を作っている所が多いのです。

航空整備士になる一番の近道は、航空専門学校に通い、技能審査に合格をすることです。在学中に様々な試験が行われ、二等航空整備士、二等航空運航整備士といった国家資格を取得することが出来ます。またANAやJALといった所と提携しているような学校では、前述の資格の上位資格である一等航空運航整備士を取得出来る学校も存在しているのです。こういった学校へと通い、まずは取得を有しておかなければ、空港での航空整備士になることは出来ません。

他にも4年制大学の整備コースを出るという方法や、職業能力開発短期大学校などでも、資格を取得することが可能になっています。ただし、資格取得に関しても、注意が必要です。それは大手の航空会社などの場合には、年齢制限を設けている所があり、大学を卒業した後、航空専門学校を卒業した時点で、年齢制限をオーバーしてしまい、応募をすることも出来ないといったケースになることが多いですから、事前にしっかりとチェックして、将来のキャリアパスを考えることが大事なのです。

空港のどんな職種も対応!求人サイトの紹介!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国可
空港の求人数 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2018 空港求人探し人気サイトランキング All Rights Reserved.