公務員になれる空港の求人

空港求人TOP >> 条件別の空港の求人 >> 公務員になれる空港の求人

公務員になれる空港の求人

数多くある空港求人の中でも、空港で働く公務員求人に転職ターゲットを定めている方も多いのではないでしょうか。公務員という地位を獲得出来る空港の求人としては、CIQと総称されている検疫や入国審査、更には税関といった職種がまずは有名です。その他にも航空管制官であったり、管制情報館、管制技術官といった職種も公務員になります。また警備官といったものも警察庁所属の職員になりますから、公務員になります。他にも航空自衛隊に入隊すれば、公務員であり航空関連の仕事に就く事が出来るでしょう。

様々な公務員での航空求人がありますから、その転職方法というものも様々に存在します。例えば、航空管制官になりたいと思った場合には、高卒の場合には国家V種、大卒の場合には国家U種となり、航空保安大学校での研修を受けることになります。国家V種の場合には2年間。国家U種の場合には、半年間の研修期間になります。この航空保安大学校に入学をした時点ですでに公務員として扱われることになります。

学生の状態でありながらも、公務員なわけですから、教材や制服などの必要な道具は無料で支給されます。公務員になるわけですから、その他の公務員職と同様に転勤や異動が多いです。航空管制官の場合には北海道から沖縄まで勤務地の範囲が広く設定されていますから、一つの勤務地で落ち着きたいというような願望がある方にはあまり向いていません。他にも管制部勤務となった場合には、空港ではない勤務場所で働くことになることも忘れてはいけません。

このように一度航空管制官などを始めとする公務員として空港関連の職種に就いた場合、転職というような発想よりも、異動や配属転換といったような選択方法になります。一般職から空港関連の公務員となる場合、国家公務員試験を受け、それにパスをする必要があります。空港というのは一般的な職場環境とは違い、空港という一つの勤務地に民間企業に所属している人間と、公務員が入り交じっている特殊な場所なのです。

国家公務員試験にパスをすれば良いと簡単に言いましたが、特に国家T種に郷学し国土交通省職員となって航空局といった道を目指している場合には、かなりの高いハードルが用意されていると言えます。東大卒者というのが当たり前ですし、それでも苦戦するレベルと言われています。早慶レベルでも随分苦戦するとされていますから、転職活動云々の前に試験対策を万全に行なっておくべきでしょう。

空港のどんな職種も対応!求人サイトの紹介!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国可
空港の求人数 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2018 空港求人探し人気サイトランキング All Rights Reserved.