英語が活かせる空港の求人

空港求人TOP >> 条件別の空港の求人 >> 英語が活かせる空港の求人

英語が活かせる空港の求人

英語のスキルが高いことに自信があり、それを活かしたいとして空港で働きたいと思っている方が大勢に居らっしゃいます。空港という職場環境は、どこの空港でも様々な国の人間と出会うことが出来るために、ほとんどの職種で英語力というものを活かすことが出来るでしょう。ただし、英語力とはいっても、文面や試験のスコアだけが高いだけでは、全く意味がありません。流暢にお客様との会話が出来る会話力がポイントになってくるのです。

ネイティブレベルにという必要はありませんが、やはり相手も自分も何のストレスもなく会話を展開することが出来る程度の英語力は必須になります。確かに求人条項には、TOEICスコア500点以上だとか、600点以上、英検2級以上というようなことが書かれていますが、これを満たしているからといって、英語力が十分にあると判断されるわけではありません。自分の英語力が、そして会話力が、一体どの程度のレベルにあるのかどうかを、俯瞰的に判断しましょう。

こういったものを確認するためには、リクルートエージェントなどの転職エージェントを利用していきましょう。航空会社で通用する本当の語学力レベルは、どの程度のものであるのかという情報を収集することが可能です。特にリクルートの場合には、海外転職を専門にしている転職エージェントも有しているため、語学力のレベルについての情報は沢山に把握しているものです。現場レベルで役立つものなのかということを、第三者の目で判断されることになります。

英語での面接をするというのが、航空業界の面接の特徴です。日本語の面接と、英語の面接の両方を行うという所も少なくはありません。特に利用客と接するキャビンアテンダントやグランドスタッフ。免税店のスタッフや通関士や税関の職員などに関しては、高い語学力があって当然というレベルですから、語学力のスキルというものは、しっかりと身につけておきたいところです。

またあまりに語学力というと、沢山の外国語が使えればいいという風に勘違いをしたり、英語のスキルをとにかく懸命にのばそうというような方向性を取るものです。しかしながら、肝心の日本語がダメというケースも多いのです。まずベースになっているのは、正しい日本語を使えているのかどうかということです。日本国内の空港で勤務するのであれば、圧倒的に日本人の利用客を相手にするわけですから。英語を活かせる空港求人は豊富にありますが、正しい日本語を使えることが前提になってくるのです。

空港のどんな職種も対応!求人サイトの紹介!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国可
空港の求人数 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2018 空港求人探し人気サイトランキング All Rights Reserved.